大学生の免許合宿の場合


大学に入学すると、途端に活動の幅が広がり、サークル活動やゼミ、同級生との旅行などで遠方へ行くためや通学のために原動機付自転車や自動車を持つ人が少なくありません。そのため、大学一年生で初めてまとまった時間が作れる長期休みの夏休みに、短期集中で合宿へ行くことが多いです。折角の免許合宿なのだから、合宿先の観光も楽しみたいと考える人も多くいます。

教習所によっては半日、一日休みの日を設けているところもあるので、友人等と連れ立って観光へ行くこともできます。普段生活している地域とは正反対の気候の土地や、本州在住の場合北海道や九州等、一度行ってみたかった景色や名所を訪れるために、合宿先を選ぶという方法もあります。

免許合宿は一般的に最短二週間程度で卒業でき、食事と宿泊所がセットで組み込まれているタイプが多いので、運転免許も取得しつつも二週間たっぷりとその土地柄を堪能できます。

また、大学の同級生と夏休みに合宿に行くことで今よりも更に仲を深めたり、高校時代の同級生と合宿をすることでしばらく振りに思い出を作ったり、教習所で出会った人と意気投合してそのまま仲良くなり一緒に観光したりと、様々な経験ができます。大人数のグループでまとまって通える教習所もあるので、同じサークルの一年生が団体として合宿を行うことも可能です。

教習所でその地元出身の人と仲良くなり、観光客も知らない様な穴場スポットや美味しいご当地料理のお店を紹介してもらったという話もあります。新しい出会いを求めて合宿先を選ぶというのも面白いかもしれません。