ご当地グルメを味わい尽くす

基本的に合宿所では食事もセットに含まれている場合がほとんどです。そのため、海に面した都道府県では新鮮な魚介類、米どころでは美味しいお米等、地域食材が提供される教習所もあります。

また、献立にご当地グルメが出るところや品数の多いバイキング形式、中にはシェフが腕をふるうレストランが教習所内に存在するなど、教習だけでなく食事に力を入れている教習所も多く存在します。

また、教習所での食事以外にも各個人で外食に行くことももちろん可能です。合宿先に多様なご当地グルメがある場合や、無類のご当地ラーメン好きなど、一泊二日程度の小旅行ではとても回りきれない数のめぼしいお店があっても、免許合宿であれば楽しみ尽くすことができます。

他にも、温泉や銭湯が好きなら温泉街に近かったり、合宿所構内に温泉がある教習所、スキーなどのウィンタースポーツやマリンスポーツ、ダイビングまで楽しめる雪山や海の近くにある教習所や乗馬体験も合わせて行なっている教習所などもあります。[参照HP:教習所紹介サイト 合宿免許ドットコム]

免許合宿中をどの様に過ごしたいかを考えることが、自分に最適な合宿先の教習所を探すことの第一歩です。それにより、運転免許の取りやすさなども大きく変わってくるのではないでしょうか。

大学生の免許合宿の場合

大学に入学すると、途端に活動の幅が広がり、サークル活動やゼミ、同級生との旅行などで遠方へ行くためや通学のために原動機付自転車や自動車を持つ人が少なくありません。そのため、大学一年生で初めてまとまった時間が作れる長期休みの夏休みに、短期集中で合宿へ行くことが多いです。折角の免許合宿なのだから、合宿先の観光も楽しみたいと考える人も多くいます。

教習所によっては半日、一日休みの日を設けているところもあるので、友人等と連れ立って観光へ行くこともできます。普段生活している地域とは正反対の気候の土地や、本州在住の場合北海道や九州等、一度行ってみたかった景色や名所を訪れるために、合宿先を選ぶという方法もあります。

免許合宿は一般的に最短二週間程度で卒業でき、食事と宿泊所がセットで組み込まれているタイプが多いので、運転免許も取得しつつも二週間たっぷりとその土地柄を堪能できます。

また、大学の同級生と夏休みに合宿に行くことで今よりも更に仲を深めたり、高校時代の同級生と合宿をすることでしばらく振りに思い出を作ったり、教習所で出会った人と意気投合してそのまま仲良くなり一緒に観光したりと、様々な経験ができます。大人数のグループでまとまって通える教習所もあるので、同じサークルの一年生が団体として合宿を行うことも可能です。

教習所でその地元出身の人と仲良くなり、観光客も知らない様な穴場スポットや美味しいご当地料理のお店を紹介してもらったという話もあります。新しい出会いを求めて合宿先を選ぶというのも面白いかもしれません。

合宿免許の自分に合った選び方

合宿免許で運転免許を取得する人はどうして合宿を選んだのでしょうか。旅行も兼ねたいから?友達と一緒に泊りがけの合宿がしたいから?合宿先で美味しいご当地グルメが食べたいから?免許合宿を行っている教習所は全国各地に多く存在しますが、その中で自分が一番行きたい教習所を探すには、”免許合宿の何をメインに考えるのか”が関係してきます。

最終的に運転免許証が交付されるのは、各個人の住民票が置かれている都道府県です。実技試験は卒業前に各教習所で受けますが、筆記試験に関しては各都道府県の免許センターで受けることになります。その為、免許合宿の主な教習内容は各都道府県で大きな差はありません。

教習所での講義の内容、実習で学ぶ技術やルールに大きな違いはありません。しかし仮免許が降りてからの教習所構内を出た市街地での運転実習はそれぞれの合宿先の都道府県で行うため、旅行先を運転するという珍しい体験になります。車や運転が好きな人にとっては、合宿先選びの一つの要因となるのではないでしょうか。

また、たとえ今住んでいる地域からは実費で行こうと思うと交通費が高い遠方の土地でも、往復の交通費が負担してもらえる教習所を選べば、交通費の心配をせずに訪れることができます。免許合宿の情報サイトや広告にセールや割引情報が掲載されていることがあるので、合宿を選ぶことで格安で教習所に通うことも可能です。

その他にはどの様な点に魅力を感じて免許合宿先を選ぶ場合があるのか、これ以降は免許を取る人が多い大学一年生を具体例に挙げてご説明します。